So-net無料ブログ作成

量産型をカスタマイズする愉しみ!【BANDAI SPIRITS・30 MINUTES MISSIONS 1/144 eEXM-17 ALTO [YELLOW]】 [HOBBY]

曇天の中に潜む雨粒と睨めっこな日々が続きます。
結局、一昨日も平野部にはやってこなさそうに見せかけてやって来る振りを何度もされましたからねぇ。
結局、降り出しはしなかったけど振り回されて疲れましたわ(^_^;;)

さて、そんな今日は最近、買ってなかったプラモデルのお話です。

eEXM_17_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

購入したのは先月末に華々しく販売開始となった“BANDAI SPIRITS”の新機軸「30 MINUTES MISSIONS」シリーズから【1/144 eEXM-17 ALTO [YELLOW]】です。

我々にやられメカではなく量産型と言う概念を植え付けた「機動戦士ガンダム」が放送開始から40周年の節目に量産型にスポットを当てたオリジナルロボットの模型を展開しようと言うのだから先ずは一つ、手に取ってみた次第です。ただ、9月までの間に二種類×五色展開の本体と各種拡張アイテムが発売される訳ですが、既に先月末の本体及び拡張アイテムが完売状態なんですよね。私も出遅れて本体もこの一体だけだし、武器セットは全然手に入らず、今月再販される事を祈りつつ、もう一種類の本体も果たして普通に買えるかどうか怪しい処です。どの位の生産をしたのか公表されていませんが、突出した人気のあるガンダムタイプのプラモデルが発売された時と同等の売れ行きだった気がします。

eEXM_17_002.jpg
eEXM_17_003.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

中に入っているランナーは外装に1枚、共通フレームに1枚、武器などに1枚、そしてポリキャップ類と言うとてもシンプルな構成です。パーツ総数も100点には届かず、本体だけで80点に抑えてあるそうでこれなら対象年齢8歳以上と言うのも頷けます。
ちなみにこの「30 MINUTES MISSIONS」は『FUNPORTER』と言うプラモデル本来の楽しみである“つくる喜び ”“発見する喜び”を追求する新しいブランドから産声を上げたシリーズになります。我々、積みプラさんからすると耳の痛い事でこれを機にまた積みプラ昇華行動に入りたいと思います(`・ω・´)キリッ


eEXM_17_004.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

パーツ点数が抑えられてるのに、ちゃんとモノアイにはクリアパーツが驕られているあたり素組の際の見栄えが違うのはもう約束されています。折角なので裏側にラミーテープを貼って上げましょうね。

eEXM_17_005.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

しかもこのランナー構成が良く出来ていて、上から順に頭部・胸部・腕部・腰部・脚部と順を追って外しながら組み立てる事が出来ます。普通なら説明書片手にランナー番号とパーツ番号の睨めっこから始まる訳ですがそうした作る事に直接関係のないストレスを軽減する素晴らしい設計かつちゃんとしたオリジナルの立体物を組み上げる事までをランナーだけで導けるなんてガンプラが発売された頃には夢にも思わなかった事です。
こうした取り組みが少しでもモノを作る愉しさを子供達に浸透させてくれる事を祈りつつ、しっかり組み上げたいと思います(`・ω・´)キリッ



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

Facebook コメント