So-net無料ブログ作成

続・外堀から埋める事にしました(笑) 【Power Support・[Web限定] AIR JACKET ”kiriko” for iPhone8/7 雪片(紅)】 [購入日記]

昨日は仕事の予定だったのですが急遽なくなってしまうし、空模様もはっきりしない展開で結局、お家で電池切れモードでだらけてしまいました。なので今日は天候も少しはマシな筈なので身体をキリキリと動かしたいと思います。

さて、そんな今日は個人的に今年こそ切替なきゃなぁと思っている「iPhone」問題についてです。

PBA_43_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

未だ本体を購入していないけど、更に外堀を埋めるべく“Power Support”のアクセサリーを買い求めてしまいました(笑)
今回は通常の取扱店舗にはなく[Web限定]なので久しぶりに直に注文した訳ですが、注文した翌々日には受け取れるスピーディーさは相変わらずでした(^_^)b

PBA_43_002.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

ただ、配送業者が指定出来ない仕様でも、配送伝票番号が決定した時点で“ヤマト運輸”“佐川急便”かどちらで発送したかは分かる筈なのに発送メールに両社の配送追跡のURLをそのまま載せて、購入者側でどちらか調べなさい的な丸投げ方式は如何なものかと思ってしまいました。他社でも同様に配送業者は指定出来ない事を宣言しているWebショップは数あれど、皆、配送伝票が起票された時点で番号と業者名はセットでお知らせしてくれますから、ここだけは善処して欲しい処です(`・ω・´)キリッ

PBA_43_003.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

そんな受け取る前の蟠りはさておき、受け取った輸送箱にはラシャ紙の緩衝材がたっぷり入っていて揺すっても中身が動く音など一切なかったですし、個装ケース自体は保護用のビニール袋に入れてくれていたので、一切傷付いてませんでした。この気配りが出来るのだから、やはり、配送業者をお知らせする事は出来るよなぁとその思いは更に募ってしまいました。

PBA_43_004.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

いやぁ、受け取って初めてこんな豪奢な個装ケースに入ってる事が分かった【[Web限定] AIR JACKET ”kiriko” for iPhone8/7 雪片(紅)】ですが、日本製とは言えここまで過保護かつ美麗な個装ケースはアクセサリー系では中々、見かけない仕様ですわ。

PBA_43_005.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

保護用ビニール袋にはこの「真贋判定ビューアー」なるものも入っていたのですが、注文した時から、これって何?って思ってただけにその正体を見て更に驚きました。

PBA_43_006.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

どうやら、こうした製品の個装箱に貼られている正規品を認定するホログラムシートすら模倣してしまう悪徳業者がある様で先程の「真贋判定ビューアー」がないと唯の銀ピカシールにしか見えなくしてしまってるんですね。

PBA_43_007.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

「真贋判定ビューアー」を重ねて初めて正規品を認めるホログラムが浮かび上がりました。ここまでしないと偽者が横行するとはとても切なくなってしまいました。

PBA_43_008.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

個装ケースの背面にはそもそもこのケースの開け方が図で説明が入っており、ここをちゃんと見て開ければ簡単に開きますので強引に開ける様な事はせず、落ち着いて開けましょう(^_^)b

PBA_43_009.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

このケース、柄が8種類で色目が7色もあるのでポチるのに凄く悩んだ訳ですが唯一の派手色(紅)を選んで良かったです。この個装ケースだからこそ余計に他の6色だと初見の印象が地味になってしまいそうですからね(笑)

PBA_43_010.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

それにしても本体の【AIR JACKET】を固定しているiPhoneに見立てた台紙がもの凄く凝っていて、クリアのP.P製のiPhoneダミーの上から周りの台紙が被されており、更にダミーと【AIR JACKET】の間にはiPhoneの背面を印刷した台紙まで挟まれていました。

PBA_43_011.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

マジマジとジャケット本体を見つめると切子の技法を応用してただでさえ薄いジャケットに切削された雪の結晶の描かれ方が凄くいいです。本物の切子細工が施された器やグラスが欲しいなぁと思いつつ、高価なので未だ買えずにいる私としてはこのケースを糧にいつかは本物の切子を手に入れようと心に誓うのでした(`・ω・´)キリッ

PBA_43_012.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

ちなみに個装ケースの中にはこんな【AIR JACKET】の取り付け方が入っており、裏面には取り外し方まで描かれていました。特に取り外し方はちゃんと知ってなければ折角のケースを壊したり、iPhone自体を壊す可能性もあるのでしっかりと覚えておかなきゃです。本当に取り外すのは骨が折れますから(爆)
なんで本体をまだ持ってないのにそんなに実感がこもっているかは次の外堀シリーズで明らかになる事でしょう。
では(^_^)/


※関連リンク

外堀から埋める事にしました(笑) 【Power Support・AFP クリスタルフィルムセット for iPhone 8/7】
 

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

Facebook コメント