So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ミステリーと言うより叙情的なお話に仕上がってました。【ビブリア古書堂の事件手帖 at MOVIX亀有】 [映像]

今週は本当に読めない天気が続きます。
天気予報の通りに推移しなさ過ぎです。
曇天=雨天と身構えている位が丁度良い感じですわ。

さて、そんな今日も引き続き映画のお話です。
もう三日目になりますが今日を含めて明日で一区切りになりますのでお付き合いの程を。




今日、お送りするのは【スマホを落としただけなのに】を観た後、ハシゴで観た【ビブリア古書堂の事件手帖】です。
当初の予定ではこの二作は連続で観る予定ではなかったのですが、結果、意外な配役により違う楽しみ方が出来たので良かったです。
今作は数年前にフジテレビが実写ドラマ化し、栞子さんも大輔もこれじゃない論が巻き起こった訳ですがようやく映画と言う舞台で落ち着けそうな仕上がりでした。ただし、原作をただなぞるだけだと一本の映画になりにくいのは明らかで原作の第一巻の第一章と第四章を軸に第六巻を織り込み、オリジナルで大輔の祖母と大庭葉蔵の祖父の道ならぬ恋をインサートしつつ紡ぎ上げたものになっていました。


BIBLIA_MOVIE_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

大輔の祖母と大庭葉蔵の祖父の道ならぬ恋をインサートした事でより浮き彫りになった大輔と葉蔵の書物に対する姿勢が非常に対象的で原作とは違った深みが出た気がします。好き嫌いはあるとしても、ね(^_^)b
まぁ、あの酷いテレビドラマ版に比べてキャストに不満は全くないものの、古書店業界特有の言葉などはあまり飛び交わず、何処かミステリーと言うよりは久しぶりに純文学映画を観た気がしました。

それにしても、エンディングがサザンでしかも原さんがメインボーカルとは露知らず、曲が流れ始めた時はちょっと焦ってしまいました。今後はアニメ化も控えてると言う事で恐らく原作的に一番しっくり来るのでしょうが、是非とも高い品質でお願いしたいものです。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

Facebook コメント