So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

長い三ヶ月になりそう。【アステラス製薬・シムビコート タービュへイラー】 [Goods]

実は木曜日の午後から降り出した雨の中、今月に入ってから私を苦しめる謎の連発咳を止めるべく、灯台下暗し的にご近所に出来てた専門病院の扉を叩いておりました。どうにも止まらない連発咳の原因を確定させたかったけど、毎年恒例のお仕事が入っていて、専門病院に行ってる間がなかったのですよね。でも、どうにか今年はいつもより早く恒例の仕事が終わったので早退して診断して貰えたのでした。

案の定、呼気NO測定器での検査を促され、結果、軽い咳喘息との事で人生初の吸入器による投薬になってしまったのでした。それにしても三ヶ月も投薬とは長過ぎます(^_^;;)

Symbicort_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

処方箋を元に調剤薬局で出して貰ったのは【シムビコート タービュへイラー】と言う吸入薬です。
なんかイメージしていた形状と違いました。
散弾銃の薬莢みたいなシルエットです。
初めて吸入器を使う事もあって、入念な説明を受けました。
普通、処方されるのは飲み薬ですからねぇ(^_^;;)


Symbicort_002.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

説明はダミーで受けましたが、自分でやるには、先ずは封を切る処からです。

Symbicort_003.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

使う為に左右に回す紅い回転グリップの底には点字が用意されていました。なんて書いてあるんでしょうね。

Symbicort_004.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

使うには底の紅い回転グリップを持って、カバーを反時計廻りに廻して外します。

Symbicort_005.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

口に咥えるマウスピース部の内部は意外とメカニカルです。

Symbicort_006.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

そんなマウスピース部のすぐ下の側面にアバウトな残数カウンターが用意されています。まだ使用準備すらしてないので残り30吸入にも達してない事を意味する状態です。

Symbicort_007.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

マウスピース部のすぐ下には空気穴が数カ所あるので、吸い込む時にそこを塞がない様にとの事でした。と同時に封を切ると必ず行う予備動作の時にマウスピース部を持って、底の紅い回転グリップを廻すと空回りになるので必ず本体中央を持って廻すように注意されました。で、予備動作の時も各吸入前の動作の時も紅い回転グリップを回してカチッと音がする事が重要らしく、結構大きめのバネの様なものが回転ダイアルのすぐ上でチラリと鎮座しています。どうもこの回転ダイアルのすぐ上に薬の受け皿があってそこに予備動作で薬を呼び込み、使う前に一回、音をカチッとさせる事で一回分の吸入薬がセットされる仕組みみたいです。なので、余計に廻すとその分は使われずに廃棄されるので、必ず使う前に一回だけ廻さないと損ですよと念押しされました。きっと、高齢の方だとやったかどうか忘れてしまうんでしょうね(笑)
とにかく、この吸入薬を一日に朝晩一回ずつ吸って咳喘息を根治させるしかないので、当面付き合うしかありませんわ。



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 2

K

おじゃまします
いろいろ彼方此方ガタも出ますからねえ、、、^^;。
お大事になさってください。

by K (2018-09-22 08:11) 

Virgo

>Kさん、どうもです。

ありがとうございます。
ある日、突然こうなったので結構、恐怖でした。
今は薬が効いて少しずつ日常に戻りつつあります。
by Virgo (2018-09-22 11:40) 

Facebook コメント