So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

絵面は綺麗なんだけど・・・・【文豪ストレイドッグス -DEAD APPLE- at MOVIX亀有】 [映像]

昨日から降り続く雨が日付が変わった今もまだ猛威を奮ってますね。
出来れば土曜日まで持ち越さずに上がって欲しいと願うのは私だけではない筈です(^_^;;)

さて、そんな今日も昨日に引き続き先週末に観て来た映画のお話です。



【BLACK PANRTHER】を観た夕方に敢えて観たのは【文豪ストレイドッグス -DEAD APPLE-】です。一昨年、1クールずつ二期に渡って放送された誰もが知る文豪をキャラクター化し、各々の文豪に因んだ作品名がつけられた「異能力」を有する人々のアクション群像劇として注目を浴びていた作品を満を持して映画化したものになります。
各所に出現したPOPUPストアでは熱烈な女性ファンが列を成してるのを何度も目撃していたので覚悟していましたがとても女性率の高い鑑賞となりました(爆)

Bungo_Stray_Dogs_DEAD_APPLE_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

五十嵐監督曰く、「3」がキーワードと言う様に物語はパンフの表紙の三人と裏表紙の三人などなど、思惑が絡む「3」つの何かが複雑に絡むストーリー展開かつ、さすが劇場用に作画してるので1カットなりとも破綻した箇所がないのはとても好感が持てました。ただし、90分間の「異能力」全開アクションと『押井守監督かよ!』とツッコミたくなる観念論的な心情や謎解き的駆け引き部分がやや単調に繰り返される様な部分に『うる星やつら -Beautiful Dreamer-』を彷彿され、閉じそうになる瞼との闘いでした(爆)
私だけではなく、割と舟を漕ぐ寸前の方が結構、居ましたから、間違いないと思われます(^_^;;)


Bungo_Stray_Dogs_DEAD_APPLE_002.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

特にこの裏表紙の3人(中央の四人目、赤毛の中原中也、彼は彼で中和役として良かったかも)の美声による掛け合いがまぁ睡魔を誘うんですよねぇ。美声過ぎると言うのも考え物です。

Bungo_Stray_Dogs_DEAD_APPLE_003.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

で、第一週間の入場者プレゼントはこんな厚みの書き下ろし小説『文豪ストレイドッグス BEAST -白の芥川、黒の敦-』な訳で明日からの第二週はまた違う書き下ろし小説が先着順で貰えるそうですが、もう一回、観るのはちょっと厳しいかそれとも更に体調万全で臨むかは逡巡中です。
『うる星やつら -Beautiful Dreamer-』みたいに観る度に睡魔と闘う名作となるかどうか二回、観ないと先ずはハッキリしないとは言え、ね( ̄ー ̄)



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

Facebook コメント