So-net無料ブログ作成

ヒーローには極爆が良く似合う!!【THOR:RAGNAROK [邦題:マイティ・ソー バトルロイヤル] (極上爆音上映!!) at 立川 CINEMA CITY】 [映像]

昨日は私的3連休でお休みしてた訳ですが、程よい天候で実にラン&ウォークには以て来いでした。
今月後半は年末進行本番で平日ですらラン&ウォークしづらくなるので今の内に走り込むのですわ。

さて、今日は四日前の夜、立川詣でで観て来た映画のお話です。



観て来たのは『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズ最新作にして『ソー』シリーズの恐らく一先ずの完結編【THOR:RAGNAROK [邦題:マイティ・ソー バトルロイヤル]】です。

予告編で『ソー』の代名詞とも言える“ムジョルニア”と呼ばれる無敵のハンマーが今回の敵役である死の女神ヘラにいとも簡単に破壊されるシーンだけが目に焼き付いて臨んだ訳ですが、のっけからその展開に仰け反りっ放しで極上爆音上映と言う事もあってその大波に翻弄されてしまいました。

THOR_RAGNAROK_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしての『ソー』の第一作を劇場で観てはいないのですがその後、他のシリーズ作に出て来てからはずっと大スクリーンで観ておりました。だって、『ソー』の印象が一貫してアスガルドの軽薄お馬鹿王子だけど正義感だけはもの凄く熱いよねぇって事が『アイアンマン』とも『キャプテン・アメリカ』とも違ってて、それが単純に爽快でしたから。そんな彼が真に独り立ちする本作において王としての覚醒を促す最後の大波が、今までの二作でも重厚だったあのお方が居なくなるエピソードと死の女神ヘラの復活と彼女との関係性の暴露とが密に絡み合う冒頭に帰結した展開は全く読めませんでした。
しかもノンクレジットで結構な方達が出演してたり、今後の『アベンジャーズ』のチーム編成を占う意味でも『ドクター・ストレンジ』と絡んだりと内容天こ盛りのアクション作品に仕上がっており、頭を空っぽにして観ていられる快作でした。
 
来年も三本予定されてる『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズですが、出来れば全部、極上爆音上映して欲しいものです。



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

Facebook コメント