So-net無料ブログ作成

『YOKOHAMA CYCLE STYLE × minivelo festa! 2016』 に行って来ました。 [イベント]

昨日は良く晴れ、良く風が吹いた一日でしたね。
風が割と何処でも強く吹いていたので陽射しも和らげられましたがそれでも動き廻る私は汗だくになってしまいました(笑)

そんな昨日は予てから楽しみにしていた【YOKOHAMA CYCLE STYLE × minivelo festa! 2016】に行って来ました。
今年で三回目となるこのイベントは“CCP”さんもずっと出展されてて、私もその関係で訪れる様になったんですよね、赤レンガ倉庫には(爆)
そうなんです。
横浜方面は全然、足が向かなかったのにこのイベントを境に割と訪れる様になった気がします。


2016_YOKOHAMA_CS_mf_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

三回目ともなると横浜駅から赤レンガ倉庫まではナビに頼らなくてもテクテク歩いていける訳ですがこんなに近かった?って思う程物足りない距離になってる自分が怖いです。

さて、このイベントの目玉は日本で流通している小径ホイール自転車が一堂に会すし、現地で登録すると試乗まで出来る事です。
私の場合、長居も出来ないので試乗こそしませんでしたが、あんまり真剣に見つめちゃうとこんな風に一目惚れしたりする訳です。
こちらは千葉で四人の方々でコツコツと組み立ててる“OX BIKES”さんの【PECO pocci-9】です。
なんと日本製のアルミフレームだそうで小径ホイール好きとしては国産で頑張ってると聞けば応援したくなるのが正しい反応なのです。
でも、如何せん我が家に四台目をお迎えするにはそれ相応の覚悟が必要なのと余りの人気でカラーオーダーなんかした日には四ヶ月以上掛かるとか。
なので、まぁここは沈思黙考する事に。


2016_YOKOHAMA_CS_mf_002.jpg
2016_YOKOHAMA_CS_mf_004.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

ちょっと気になったのは開幕と同時に伺ったからかもしれませんが、出足がやや鈍く一部のコーナーを除いてちょっと閑散とした事でしょうか。
おそらく赤レンガ倉庫のすぐ側が国際トライアスロンのコースになっており、メインレースが始まる頃には活況になってる事を祈りつつ、混雑する前に私は次の目的地へ向けて移動してしまいました。


2016_YOKOHAMA_CS_mf_003.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

開幕と同時に賑わっていたのは多分、初めての自転車体験コーナーだけだったと思います。
まぁ、お子さん連れには持ってこいのイベントだったのでしょうね。
ここだけ行列が半端なかったです(笑)


2016_YOKOHAMA_CS_mf_005.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

“CCP”さんが出展されてるブースは毎度、そんな試乗会など場所を取るイベントの奥な訳ですが、今年は強風対策でサイクルキャップがみな、吊られてて風に靡く様は鯉のぼりや風鈴的で新鮮でした。
今回はお目当てがあったのと、実はサイクルキャップは別のを予約してるのでここはグッと我慢してお隣のブースでお買い物してしまいました。
ご免なさいm(__)m
そのお目当ての品はまた別枠で紹介したいと思います。


2016_YOKOHAMA_CS_mf_006.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

さて、踵を返して港側を見ながら駅に向かってた時にどうも見慣れない軍艦に遭遇しました。
どう見ても自衛艦ではないので思わず港の突端まで近寄り、係留されてるのは更に対岸なのでそこからはコンデジの望遠レンズに頼った訳ですが、これ、[LCC19 BLUE RIDGE]ですね。
揚陸指揮艦ですから、海岸線を航空部隊が制圧した後にLCACエアクッション揚陸艇[平たく言うと武装した軍用ホバークラフトです。]を送り出し陣地確保指示を出す船になりますな。
って事は・・・


2016_YOKOHAMA_CS_mf_007.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

この脇に居るタンカー擬きは機動揚陸プラットフォーム、つまりLCACエアクッション揚陸艇の母艦ですね、きっと。
こんなの初めて見ましたわ。
対岸に回り込んでも近づける保証はないし、時間も差し迫ってたので泣く泣くその場を後にしました。



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0