So-net無料ブログ作成

極上爆音が奏でる壮大な内輪揉め!!【Captain America : Civil War at 立川シネマシティ】 [映像]

大型連休の方はそろそろ、長い休みから社会復帰をスムースに行える様に調整をする期間として、そうでない方は普通に身体を休めたり羽根を伸ばす週末がやって来ました。

個人的にはGW自体に関係はないのですがそのGWが終わろうとしているのにも関わらず、映画は新作ラッシュが続いており今日もシネコン詣でなのです。
先週の土曜日には極上爆音詣でをして来てたのですがすっかりレビューをおろそかにしていた関係で今日観る映画レビューの前にこちらのレビューを上げたいと思います。



そうです。
毎年、何だかんだとマーベルヒーローの誰かの作品が世に出てるシリーズから【Captain America : Civil War】が封切られたので早速観てたのでした。
ちなみに前作の【AVENGERS -AGE OF ULTRON-】は「DOLBY ATMOS」で観たのですが、音響的に?な感じで満足感が得られなかったのと、“TOHOシネマズ”の「DOLBY ATMOS」は映像が皆、2Kになるので今回はならばと立川まで遠征を決めたのでした。


結論から言うと今後、良い音響で映像に浸りたい時は立川まで絶対、遠征しなきゃと決意せざるを得ない満足感が得られました。
ただ、今作は日本版の予告で禁断の闘いと「Civil War」の事を意訳して煽ってますが、前作の【AVENGERS -AGE OF ULTRON-】で既に少しずつ亀裂が入りかけていたアベンジャーズの面々がとある人物の策略にまんまと嵌まっての壮大なる内輪揉めを描く事になってるので壮大な内輪揉めが妥当なキャッチだと思います。
故に後味が良い終わり方ではなかったのが至極残念でした。


CAPTAIN-AMERICA_CIVIL WAR_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

そんな訳でアベンジャーズを良くも悪くも率いていた二巨頭のアイアンマンとキャプテン・アメリカの確執が極まった感が強く暗雲垂れ込め、その他のメンバーにも嫌な暗示もありここからどうアベンジャーズが再生し、再編されるのかは今後の【AVENGERS】シリーズを繋ぐ各ヒーローが主役となる作品群に掛かってると思っています。
先ずはその1本目はどうやら新生スパイダーマンと言う事になる様でそれが吉と出るか凶と出るかは、全く新しい設定になったスパイダーマンを各国のファンが受け入れられるかに掛かってる気がします。
今作での繋がりでアイアンマンもスパイダーマンに出演する様ですし、ね。
ノリとしては父親代わり的存在としての出演っぽいのが、今作でもゴリ推ししてたのでその辺りも古くからのファンの反感を買わねば良いなぁと老婆心を育んでしまいましたわ。


CAPTAIN-AMERICA_CIVIL WAR_002.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

個人的にはアントマンにマル秘な必殺技が登場し 、おいおいシルバー仮面かよとツッコミを入れてしまった他、新しいアベンジャーズの面々がどう成長し、アベンジャーズ3に繋がるのか今は唯々見守りたいと思います。
それにしてもこれ以上、ヒーローが増えて枝葉の作品が増えると端々のネタを憶えておくだけで一苦労なのはやはり、英語の理解も少し足りてないのかと英語力を鍛えなきゃいけないのかと真剣に考え始めております(`・ω・´)キリッ



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0