So-net無料ブログ作成

前日端としては良作だと思うけど冒険譚としては物足りないかな。【PAN at 丸の内ピカデリー】 [映像]

久しぶりに日曜から天気が愚図つきがちです。
まぁ、ナイトラン&ウォークの時間に雨が降らなければ雨も然程、問題にはしませんけどね。
 
土曜日にフルマラソンに匹敵する距離を動いたのでじんわりと筋肉痛でしたが、それも日曜日一日休養したのであんまり酷くもならずナイトラン&ウォークを再開できて良かったです。


さて、本日は先月末に観て来た映画の話です。
観て来たのは【PAN】です。
邦題では副題として「ネバーランド、夢のはじまり」が添えられておりますが、私は【PAN】だけで十分だと思うのですが、映画を好きな方以外にはタイトルが短すぎてとの配慮でしょうが、正直蛇足ですわ(笑)


この映画、要は誰もが知ってる『ピーター・パン』がいかにして誕生したかまでを語るものであり、『パン』と言うタイトルになってる単語は実はネバーランドを守護する英雄を指す言葉なんですよね。
だから『ピーター・パン』とは英雄ピーターって事になる訳で『ピーター・パン』と言う名がようやくしっくり来ました。
今回のこの映画の為に生まれた設定なのか、元々の原作の設定にあったものを膨らませたのかは分かり得ませんが、説得力は十分だと思います。
そして、ピーターが実はネバーランドの妖精王と海賊・黒髭の愛人である人間の女性との間に生まれたハーフだからこそ、空を飛べるんだと言う事も明かされていきますし、黒髭との因縁も絡めた展開も自然で良かったです。
後、なんで子供のままでいられるかと言う部分の謎を含めて、まさか黒髭がダブルキャストで表現されるとは意表をつかれましたけどね(^_^)b


PAN_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
 
気になったとすれば、もう少しタイガー・リリーの活躍があればなぁと言う部分と黒髭の最後があっけなかった処でしょうか(爆)
それにしてもフック船長とピーター・パンが仲の良い盟友同士なんて何度となく今まで語られた作品とは視点が違っててそう言う意味では愉しかったですかね。
なので、まぁまぁの出来栄えの佳作と言った処にしておきます。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0