So-net無料ブログ作成

最速公開零回を観てきた!!【映画・ONE PIECE FILM Z】 [映像]

先週末は結局、続続RX1事件勃発といつもと違うシネコンへ行ってたので知らない間に始まっていた『ONE PIECE FILM Z』の初回の指定チケット予約に乗り遅れる処でしたが何とか土曜日零時からの最速公開回の席を確保出来たので意を決して行って参りました。
 
そんな時間帯にも関わらずほぼ満席となったいつものシネコンで最大収容人数を誇るスクリーン2(452席)での鑑賞となったのですが、流石にそんな時間にわざわざ来る層はファン以外の何者でもないのでマナー違反する者など居なく至極快適に二時間弱没頭出来ました。

ONE_PIECE_FILM_Z_001.jpg
テレビアニメ初放映から14年目に突入する国民的アニメと言っても差し支えない『ONE PIECE』ですが、原作者自ら制作総指揮に当たった三年前の『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』からテレビシリーズに実質先駆ける事になった新世界編の劇場版公開とあっては観ない訳にいかないですよね(実は『ONE PIECE』の劇場版を劇場に観に行ったのが『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』だったりしますがそれは公然の内緒と言うことで・・)

今回のお話しはタイトルや予告等で盛大に語ってる通り、元海軍大将[黒腕(こくわん)のゼファーことネオ海軍総帥]である「Z」が主人公と言っても差し支えないものでした。つまり、年老いた元海兵の宿業に巻き込まれる形で我らが麦わら海賊団が関わる訳です。
しかも、この「Z」はテレビシリーズでも散々ルフィー達・麦わら海賊団と度々交戦してきた海軍の強者どものお師匠さんとでも言う存在と言う事で海軍側を演じる声優さん達から劇中で、先生、先生、連呼されてめっちゃ慕われてるので余計にラストが泣けてしまいます(しかも、声を演じるは『重戦機エルガイム』のミラウー・キャオ役で初めてお聞きしてからはや30年余り、大塚芳忠さんですからもうね、変に俳優さんを宛がわれるなくてホント良かったと思いました)。


ONE_PIECE_FILM_Z_002.jpg
↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)背表紙側の画像に切り替わります。
そんな訳でこのパンフも観終わって観ると完全に表紙からネタばれしてる事が分かるのですよ(笑)
超絶に進化した肉弾戦アニメーションより皮肉なまでに漢の腹に据えた一本の槍を貫き合う「Z」と「ルフィ」の意地の張り合い、そして「Z」を師と仰ぐ「青雉」こと「クザン」、この三者が色濃く絡み合っていくその様は恐らくテレビシリーズでは実現出来ないであろうグッと来る海兵側から観た漢の浪漫であったり、大人の都合ではそうではないけど子供たちから観たら「ルフィ」も「Z」もヒーローなんだよって言うそんな純粋な気持ちを原作者・尾田先生は描きたかったんだろうなぁとしみじみ感じました。だから観終わっても爽快感と言うよりなんかじんわりと来ると言うのがしっくり来ました。
 
ちなみフジテレビ提供だからしょうがないんでしょうけど、ゲストに声優が出来ないタレントさん宛がうのだけはちょっと頂けなかったです。むろん、「Z」を先生と慕うアインとビンズ役の篠原涼子さんと香川照之さんは流石に気にならなかったのですが、某モデルさん達が出たホンの数カットだけは久しぶりにヘタクソ過ぎて場を壊してましたから、敢えて苦言を呈してみました。


ONE_PIECE_FILM_Z_004.jpg
さて、三年前の『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』から始まった特別コミックスを入場者の先着で配ると言う客寄せ方式は今や漫画原作のアニメ映画の主流となってる訳ですが三年も経つと本家は更にゴージャスになってましたよ、もう特別コミックだけではないので「海賊の宝袋」ってネーミングになってるんですから(笑)

ONE_PIECE_FILM_Z_005.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
中身は左上から時計廻りに“巻千”のコミックス、シールにポストカード、デジタルカードゲームの特別なカードが1枚、そして、双六セットです。

ONE_PIECE_FILM_Z_006.jpg
で、もう一つ嵩上げのアンコかと思ってたこの台紙も実はオマケでして・・・

ONE_PIECE_FILM_Z_007.jpg
↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)表側の
なんと恐らくランダムで何種類かあると思われるこんなスタンプが入ってました。私のは「麦わら海賊団」ではなくて「キッド海賊団」でした。「麦わら海賊団」じゃなければ「トラファルガー・ロー」率いる「ハートの海賊団」の方が良かったかも(^_^;;)
 
最期にこのままだと恐らくこの2012-2013の年末年始の興行収入競争はヱヴァとワンピで二分する事になりそうですが個人的には『007 SKYFALL』に頑張って欲しい気がします。そうじゃないと映画文化の幅が拡がらないと思うので。
なんて言いながらこの三本は機会があればもう何回か観たいですけどね( ̄ー ̄)



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0