So-net無料ブログ作成

イヤな事は聞いてはいけない(笑)【MIB3 -メン・イン・ブラック3-】 [映像]

この週末は金曜日の夜から実に充実して過ごせました。
ただ、その前にモヤモヤした事があり、一部twitterで呟いた通りちょっとヒトとの関わりを少し見つめ直したくなってるのも事実なんです。そんなモヤモヤを少し晴らしてくれた映画を今宵は紹介する事にします。
 
金曜日の夜は少し雨がパラついたものの酷い降りではなかったので、いつもの“TOHOシネマズ錦糸町”で映画が始まる時間までは通常通りウォーキングをしておりました。
そうしておかないとレイトショーの拘束時間がちょうどウォーキングに費やす時間と同じなのでその日の目標を達成する事が難しくなりますからね(^_^)b


TOKYO_SKY_TREE_20120525_001.jpg
雨がウォーキングの途中で上がってくれたので【東京スカイツリー】の上部に靄が掛からない状態で撮影する事が出来ました\(^O^)/
かなりシャープに輝くものですが、よりウルトラ特撮の世界へようこそって感じは変わらないのは如何ともし難いですね(笑)


そうこうする内に映画が始まる時間になったのでチケットを発券して着席する訳ですが、初日のレイトショーでまさか満員にならないなんてねぇ。
一応、SONY配下の映画だしもう少し人気があると思っていたのは過去の幻想だったのでしょうか?


MIB3_002.jpg
はい、そうです。
3Dメガネ代で話題を振りまく事となった【MIB3】を観てきたのです( ̄ー ̄)
実は出てくるエイリアンのあまりのグロさとB級具合に大好きと言う程ではないこのシリーズだったのですが、今回、すっかり日本でもお馴染みとなった“TOMMY LEE JONES”演じる「エージェントK」の謎が解けてく様と「タイムスリップ」(劇中では「タイムジャンプ」と呼ばれており、何故、そう呼ばれるのかは劇場で確かめて下さい。高所恐怖症の方には絶対お奨め出来ない事は請け合います)モノとしてのMIBらしい設定とこのシリーズに誰かしら必ず出て来て、倒すべき敵に狙われてしまう設定に陥る友好的宇宙人(友好的宇宙人自身は毎回、違う星人なのもミソで)の「グリフィン」の5次元的未来透視とも言うべき能力とそのとぼけたキャラクターが物語の後半をとても濃密なものにしてくれます。


MIB3_001.jpg
徹頭徹尾、「タイムジャンプ」に拘り、「K」が何故、無口になったのか、「K」が何故、“WILL SMITH”演じる「エージェントJ」をパートナーに選んだのか、「エージェントK」が敵であるボグロダイト星人“ボリス・ザ・アニマル”の「タイムジャンプ」に因って消されても何故、「J」だけが「K」の事を憶えていたのかなどなど、全ての謎が綺麗に紐解かれてく様は圧巻です。
偉く間の空いた三部作の取りを飾るに相応しい作品だと思います。
しかもあの今までのおとぼけ軽妙デログチョは健在にして最後にホロリとさせられるとはいい意味で裏切られました。
108分という尺を見事に使い切った快作ですね。
もう少し1969年のくせに何か曲者なMIBのメカ群を観たかった気もしますが、今回は実に人間ドラマに重きがあったので良しとします。
それにしてもまるで“TOMMY LEE JONES”の若かりし頃かと思える29歳の「エージェントK」を演じた“JOSH BROLIN”がグーニーズに出てたあの彼って、歳を取る筈ですよね、私も(笑)
 
最後に
SONYファンの方々はお布施の為にみても十分元が取れる映画ですし、勿論、そういう柵がなく観ても面白い映画になってますので、是非、劇場に足を運んでみては如何でしょうか!!



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0