So-net無料ブログ作成

〈訂正版〉再び、直販限定の幟(のぼり)に釣られて・・【Logicool・Wireless Mini Mouse M187RD 開梱 / 外観編】 [購入日記]

※訂正のお知らせ
今は2月27日の夜です。
このレビューに登場するマウス【Wireless Mini Mouse M187】ですが、私が最初得た情報とこのレビュー中に出てくる“ロジクールオンラインストア”のトラブルに対する対応の中で『直販限定』という間違った刷り込みがなされたため、高い送料と言う名の勉強代を支払いましたが、何の事はなく、通常通り“ヨドバシカメラ”などでも扱われる製品でした。
なので、この安くて取り回しのいいマウスを気に入られたらどうぞ近所の量販店でお買い求め下さいませ。
万が一、直販で買われてない事を祈りつつここに深くお詫びして訂正申し上げますm(__)m

尚、本文は敢えて修正をしておりません。
今でも“ロジクールオンラインストア”の対応は改めて欲しいと思う気持ちは変わりませんし、大体、予約出来ない現象が起きて確認した時に、「お急ぎでしたら量販店でも買えますのでご検討下さい」と案内するのが筋だと思いますので、ね。
なので、どうか直販限定商品ではないと言う前提で私の冒した恥ずかし失敗をお読み頂ければと思います。

 
本来なら土曜日の日中降る筈だった雨が前倒しで金曜日の夜中から土曜日の午前中にかけて降ってくれたお陰で午後は寒いながらも雨が上がったので、銀座まで足を伸ばして来ました。
金曜日とは打って変わって冷え込む寒さに漸く普通になってきた腰がまた悲鳴を上げはしないかと内心ビクビクでしたが、そんな事もなく愉しい時間を過ごせました。
 
その愉しい時間の件はまた追々レビューするとして、今宵は(本来なら届いて当然なれど)予期せぬモノが届いたのでそのご紹介です。

M187RD_001.jpg
そんな予期せぬモノがどこから届いたかと申しますと前回の振る舞いで懲りた筈の“ロジクールオンラインストア”からでした。

正直、多少の粗相がたまにはあれど“ソニーストア”など主に利用するECサイトに慣れた身としては“ロジクールオンラインストア”の振る舞いはもうちょっと呆れます。
前回は「在庫あり」のステータスで注文した筈なのにまるで海外倉庫を経由して発送されたかのような時間の掛かり方だったり、予約商品ながら、予約数が限定数に達した後に注文をしたユーザーに対するお知らせが不的確で意味不明の挙動を繰り返すサイト設計だったりでもう驚いてた訳です。
今回も金曜日の夜、寝る時に発送メールも届いてないし、サイトで購入履歴を確認しても「発送待」のステータスのままだったので、まぁ、前回通り来週かなぁと諦めてたら、あの荒天が収まりかけた土曜日のお昼前に強烈にドアを叩く佐川急便の方に二度寝で微睡んでた幸せを邪魔された訳です(爆)


まぁ、届いたのだからいいじゃないかと言われても、まるでドラマで見る取り立て屋のように荒々しくドアを叩かれて寝起きを叩き起こされていい気がする人なんていませんよね。
これがちゃんと発送メールなり、購入履歴から届くと分かっていたらまた心証も違ってくるのでしょうが、まぁ発送した会社のレベルがレベルならそこが選んだ配送会社もそれに似るとはよく言ったモノでした。
なんとか「Logicool」には直販限定販売商品と言う悪しき慣習を止めて総て量販店にも平等に卸して欲しいものです。


ちょっと重い前置きで失礼致しました。
ここからは純粋に製品のみを見ていこうと思います。
製品には罪はないですからね。


M187RD_002.jpg
すったもんだで到着したのは先日、「ロジクール初となるミニサイズのワイヤレスマウス」と発表された【Wireless Mini Mouse M187】の紅です。
この色目の他に黒・白・青・橙の都合5色展開になります。
このマウス、光学式で1,280円の直販価格ながら結局、“ロジクールオンラインストア”では5,000円以下の買い物では送料が682円掛かるため、単品では実質1,962円になってしまうのが悔やまれます。
5色纏めて買って始めて直販価格が活きてくるとはどんな罰ゲームでしょう(笑)
やはり、直販なんかやめて普通に量販に卸すべきなのはみんなの声だと思いますよ。


M187RD_003.jpg
ちなみに今なら直販の場合、通常の3年保証に加えて更に半年の追加保証が受けられるそうなのでそれだけが唯一のメリットです。
で、このパッケージってば今時アメリカンブリスターかよって叫びそうになって裏面の上方をよく見ると・・・


M187RD_004.jpg
ブリスターパックの上部両側に妙な指がかりがあるじゃないですか。
但し書きにはここを手前に引けとあります、エイヤッ!!


M187RD_005.jpg
ブリスターパックの縁に沿ってミシン目が入ってるのでまるでお菓子のパッケージを開けてるみたいに『ビリビリビリ』って気持ち良く開きました。
これはこれで開けにくいブリスターパックに対する一つの回答ですね(^_^)b


M187RD_006.jpg
簡単に開けられたので背面の台紙を取り出すと『アラッ、底面も紅いんだね、( ̄ー ̄)』

M187RD_007.jpg
ひっくり返ったテントウムシ状態からマウスと無線アダプタを取り出すとマウスのお尻に何やら巨大な矢印がこんにちはしてました。確か電源である単四電池はマウスに内蔵して出荷とありましたから、開封まで電流が漏れないように挟んである絶縁シートなんですね。

M187RD_021.jpg
↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)Before/Afterします。
マウスの外観を眺める前に台紙の中身を確認しておきます。
取扱説明書と保証に関する規定を綴ったものが入ってました。
これはもう読むまでもないのでこのままパッケージに戻しておきましょう。


M187RD_009.jpg
マウスを見ていく前に無線アダプタを確認です。
ちなみに左が今回の【M187】に附属していた従来のNANO レシーバーで、右がこの間購入した【Logicool Cube】附属のUnifying レシーバーです。
差し色の違いや印刷されたロゴでしか区別がつかないので注意しましょう。


M187RD_008.jpg
ではマウスの裏側から見ていきましょう。
あれ?いくら絶縁シートが挟んであるとは言え何も電源スイッチをOnにしたまま出荷しなくてもいいんじゃないでしょうか。電流が漏れて電池が目減りするじゃないですか(爆)

M187RD_010.jpg
しかし、この【M187】の底面に貼られた銘板脇のアイコンが何故にUnifyingなのか、【Logicool Cube】附属のUnifying レシーバーと並べて確認すると尚一層、酷似してる事が分かりますけど、実際はUnifying レシーバーには反応しないんですよね。
何と紛らわしい事か。
それともこのアイコンはNano レシーバーを表すものなのでしょうか。
もし正解をご存じの方はお知らせ下さいませ。


M187RD_011.jpg
↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)電池蓋が開きます。
では、絶縁シートを取り除く為に、電池蓋を開けます。
普通は電池蓋を開けなくてもスルッと抜けるのが絶縁シートのお約束なれど電池蓋の形状からか、はたまた噛み込みが深すぎたのか軽い力では抜けなかったので開ける事にしたのでした。


M187RD_013.jpg
ここからは私が今、常用してる“SONY”のBTマウス【VGP-BMS20】を使って大きさを比較してみます。
流石に単三電池二本と単四電池一本という電源の差もありますが大人と子供くらいの差になってしまいます。


M187RD_014.jpg
幅と高さ的には然程変わらず、【M187】の方が若干高いようですが許容範囲ですね。

M187RD_015.jpg
少し外連味のある光沢のある紅ですが、ちょうど指を掛ける側面に白とグレーのラインが入ってる事でまるで平成のウルトラマンのようなフォルムです(笑)

M187RD_016.jpg
このグレー部分は塗装のようですが万が一、剥がれてもグレーの部分に沿って凹な溝が掘ってあるので塗り直す事も出来そうです(^_^)v

M187RD_017.jpg
クリックホイール部分を囲むボタンも凝っていて周りにエングレーブっぽく見える恐らく塗装が施されています。ここは余程の事がない限り剥がれないでしょうね。

M187RD_018.jpg
正面から見ると赤ちゃんが履く靴のようなフォルムですね(*^^*)
何とも可愛らしいです。


M187RD_019.jpg
Nano レシーバーも各部に差し色で朱赤に近い紅があるので親近感が湧きます。

M187RD_020.jpg
PCと一緒に持ち歩くならPCに挿しっぱなしにしてもいいNano レシーバーですが単独で持ち歩く時は電池収納部の脇にポケットがあるので嵌めておきます。
なお、このポケットにバネは入ってませんので取り出し易いように側面に気持ち抉りが入ってます。
 
 
取りあえず、Macで使ってみましたがレーザー式ではなく只の光学式なので接触面によっては挙動が若干暴れますが光学式が出始めの頃のような挙動不審にはならないのでマウスパッドを一緒に持ち歩かなくても大丈夫そうでした。
このマウス、どうやら使用可能OSならどのOSでもドライバもコントロールアプリも要らないで使えるっぽいので鞄に常に忍ばせておいて、機材はお借りするけど、マウスだけは自前などという変態プレイには持ってこいかもしれませんね。
後は送料分どうにか0に出来れば人に差し上げる用にも良いかも(笑)
 
さて、このレビューを書くのにまたもSo-netブログに翻弄されて何と呑まず喰わずになってました。今宵はこの辺りで、では(^_^)/〜


※関連リンク

直販限定の幟に釣られて・・【Logicool・ポケットマウス Logicool Cube 到着編】
 
普通、マウスとは誰も思わないよね(^_^;;)【Logicool・ポケットマウス Logicool Cube 開梱 / 外観編】

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0