So-net無料ブログ作成
検索選択

もう六年、まだ六年。 [色んな事]

東日本大震災から今日の午後2時46分で丸六年が経過します。
『十年一昔』と言いますがそこに到達するまでに後四年もある訳で果たしてその四年後、つまり『東京五輪』の一年後に『十年一昔』と言える程、復興してその傷が少しでも癒えてるのだろうかと思うと漠然とではありますが、今の日本ではそうなってない気がして焦燥感に駆られるのは私だけではない筈です。
この六年であの大震災を経験したり、もしくはそれを見て明確に変わったかどうか訝しがるほどに無法な人達で溢れてる様に思える首都圏に住んでると感覚が鈍くなりそうで凄く怖く思う事があります。
だからと言って何をすれば好転するかは明確に答えられる自信もありませんので変わらず、自分に恥じぬ行動を貫いていくだけです(`・ω・´)キリッ

私的にはあの日、自宅に歩行帰宅するだけで脚が使い物にならなくなる程、運動不足を感じ、大震災の一年後からナイトラン&ウォークを日々、実践する様になった事が一番の変わった事です。
少なくとも足が竦む程の災害が眼前に広がる事はまだなくても、腰が引ける程の揺れは実感しただけにいざと言う時、自分の命を含む命を護れるだけの力は必要ですから。


20170305_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

平日は職場の近く、帰りは自宅までの道程をルートを変えラン&ウォークをすると今まで見えて来なかったものも見えてくるので便利な移動手段に頼る事なく移動すると言うのは存外に無駄な時間ではなく、体も鍛えられるので自分の人生の中で必要な時間だと捉えられる様になったのだけはこの六年で良かった事です。

それにしてもこの六年で歩道を含む交通ルールと言うものは崩壊してるのじゃないかと思う程、荒んできてます。
何故、歩行者以外は乗り物であると規定されてる中で自転車(主にママチャリと称される実用車)が車道の右側を平気で走行する様になってしまったのか、残念でなりません。
道交法の改正を報道で伝えて以降、更に酷くなった気がします。/span>


20170305_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

一方で東京都内の橋も一つ一つ耐震補強がなされてます。
東京五輪に向けてのお色直しも兼ねてるのでしょうが河川の耐震護岸工事も同時に行われてますが果たしてそれで直下型の地震が起きた時にどれほどの効果があるか分かりませんが、少なくともラン&ウォークしてると耐震補強をしてるしてないでの通常時(大型車両などの通行時)の揺れからして違う様に感じます。
東北の復興にも同様に予算を掛けて行われてなければ何の意味もないのですが、その手の進捗公表より醜聞を賑わせてる様では困るのですけどねぇ。
そんな事をしてると本当に今度こそ鉄槌を下されそうで恐怖します。
襟を正して真っ直ぐに前を見て実直で誠実な行動を一人一人がなされる事をこの日に掛けて祈りたいと思います。



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0