So-net無料ブログ作成
検索選択

品質管理とプレサポート体制って大事だよね。【JPRiDE・JPA1 MK-II 開梱/外観編】 [購入日記]

陽が沈むと途端に冷え込む様になって来ましたね。
そろそろナイトラン&ウォークをするにしても、気合いがちょっとばかり必要な頃合いかもしれません。

昨年の夏くらいから思う様に走れてない事もあり、ちょっと体重が想定内に絞れてなくて、焦れてる自分が居るので挫けそうな心を鼓舞してナイトラン&ウォークを続けなければと思うのです。
その為に耳元で元気づけてくれる音楽再生機器は必須であるにも関わらず、年明け早々、購入したBluetoothヘッドセットの不調からせっかく安定して使えてた今までのヘッドセットを紛失してしまい、どうにもこうにも耳元の据わりが悪くて困っておりました。


JPA1_MK2_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

そんな時、我が弟も年明けに購入して良いよと紹介してくれた“JPRiDE”【JPA1 MK-II】が「AAC」にも対応してる事を知り、結局、返品する事になった“SoundPEATS”の【Q16】の代わりに白羽の矢を立ててみたのです。
なんでも“Amazon”で注文するとすぐにメーカーから直メールが届くと言うプレサポートっぷりが凄いと弟から聞いていたのですが、私の処にも確かにそんなメールが届きました。内容は今時、しっかりと担当の方が名乗ってくれて、商品が届いた後、どうすべきかを紐解いた丁寧な文章でとても好感が持てました。

JPA1_MK2_002.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

届いた個装箱は化粧段ボールではないものの、生成りの少し大振りなN式の箱でした。
封緘シールにはモデル名、ブランドロゴ、色目が各面に印刷してあり、流石に綺麗に剥がす事は困難なのでカッターで切れ目を入れて封緘を解く事にしました。


JPA1_MK2_003.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

個装箱の厚みは3cm弱で縦横はCDジャケットを気持ち小さくした感じです。
このクラスのBluetoothヘッドセットを収めた個装箱にしては大きめですが、無理に小さくして窮屈に中に押し込まれた状態を目にするよりは良いかもしれません。


JPA1_MK2_004.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

封緘を解いて上蓋を跳ね上げると底にはまた蓋が(笑)

JPA1_MK2_005.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

二重構造になった蓋を跳ね上げるとようやく中身とご対面です。

JPA1_MK2_006.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

手前にはキャリングポーチと日本語で丁寧に書かれた取扱説明書、そして4種類ものイヤーピースと1種類のイヤーフックが入った小袋が二個が収まってました。

JPA1_MK2_007.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

仕切りで区切られた奥側(上側)には充電用のMicro-USBケーブルと本体がビニール袋にくるまれてました。
充電用のケーブルはジッパー式の透明ビニール製の袋に入ってましたが、他の三つはしっとりとしたシリコンコーティングでもしてるかの様な半透明のビニール製の袋でした。


JPA1_MK2_008.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

そんな半透明なビニール袋は表面がしっとりしてるので専用の楕円状の封緘シールも綺麗に剥がれて、凄く扱い易いです。

JPA1_MK2_009.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

今回のBluetoothヘッドセットで一番、懸念していたのは、操作部が右側ユニット上にはなく、左右のユニットを繋ぐケーブルの右側ユニットから8cmほどにある事でした。
中華系なのでもっと杜撰な仕上げだと思っていたのですが、今まで見た中で一番、日本製に近い操作部でかなり好感度アップに貢献しています。


JPA1_MK2_010.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

そんな操作部の側面に充電用のMicro-USB端子が用意されてます。
端子カバーの作りもしっかりとしており、充電ケーブルと干渉する様な迂闊さはありません。


JPA1_MK2_011.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

左右のユニットの形状もちょっと独特ですが、思っていたより、耳元への収まりも良く、ラン&ウォークに使っても簡単に外れそうで心許ない感じはしないです。

JPA1_MK2_012.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

イヤーフック自体は本体から出てる突起に引っ掛ける構造で、シリコン素材の柔らかさも相まって心許なさそうに感じますが、実際に装着するとちゃんと機能します。
ここまで確認すれば中華系にありがちな体裁だけの為にデザインしておきました的な製品でない事はもう揺るぎようもない事実ではないでしょうか。


JPA1_MK2_013.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

若干、イヤーピースとイヤーフックの表面に埃が付きやすいのは気になりますがまぁ、これは気の持ちようでしょうか。

JPA1_MK2_014.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

ユニットの左右の別はこのタンポ印刷と先程の操作部の有無で判断するだけで、一般的な左ユニットのブッシュ部分などに突起を設けて指先で左右の別を判断させる手法は取ってない様です。

JPA1_MK2_015.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

イヤーピースは最初は密閉型AのMサイズが装着されてますが、今時、密閉型で2種類、半密閉型で2種類が附属って驚きの仕様ですわ。
これは少しずつ試してみようと思います。


JPA1_MK2_016.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

一先ず、二段重ねの半密閉型が今まで使った事がない形状なので、こちらのMサイズを使ってみます。

JPA1_MK2_017.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

取扱説明書には記載がありませんが、ケーブルの長さを調整するパーツが附属してます。
丸型の樹脂パーツの側面に刻まれた溝にケーブルを咥えるごく一般的なものです。
ケーブルを咥えさせるのに固くて一苦労しますが嵌まってしまえば後は問題ないので、丁寧に作業しましょう。


JPA1_MK2_018.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

ダクトの形状は最近よく見掛ける太めですが、ユニットの外形寸法からドライバは恐らく9mmを使用してそうです。
 
肝心の無線部分の寸断が多いか否か、音質はどうかなどは暫く使ってからまたレビューしようと思います。


※関連リンク

コスパを超えた存在・・その1【SoundPEATS・BT Headset QY7 開梱編】

コスパを超えた存在・・その2【SoundPEATS・BT Headset QY7 外観編】

コスパを超えた存在・・その3【SoundPEATS・BT Headset QY7 外観こぼれ話/装着/音質編】

まさか、こっちも買う事になるとは(^_^;;)【SoundPEATS・Q9A earbuds 開梱/外観編】

これならずれないし、快適だね(^_^)b【SoundPEATS・Q9A earbuds 装着感/音質編】

本当に楽チンだし、電源OFFのコツも掴めて来たかな。【SoundPEATS・Q9A earbuds Tips編】

純正じゃないけど、突然、外れ易くなった気がするなぁ?!【SoundPEATS・Q9A earbuds イヤーピース編】

やっぱり経年劣化だったみたい。【SoundPEATS・Q9A earbuds 続、イヤーピース編】

2017年、物欲初め・その2【SoundPEATS・Q16 開梱/外観編】

便利と不便は自由と不自由に良く似ている。【SoundPEATS・Q16 操作/音質ほか編】

想像以上のサポート態勢かもね。【SoundPEATS・Q16 初期不良対応編】

やはり左右無線式は廉価屋には荷が重いのか!?【SoundPEATS・Q16 やっぱり駄目だった編】


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。