So-net無料ブログ作成
検索選択

復活のNIKE トレイルランシューズ!!!【NIKE・FREE HYPERFEEL RUN TRAIL】 [Sports Gear]

九月も中旬に突入しましたね。
月日が巡るのは本当に早くて気付けばまた一つ齢を重ねるまで後少しとなっていました(^_^;;)

つまり、今月は恒例の誕生月なのです。
例年の様に出費を嵩ませる訳にもいかない状況なので、コチラでウィンドウショッピングなどするつもりが・・・・


FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_001.jpg
心の流れに身を任せてたらつい、買ってしまいました(爆)

毎日のラン&ウォークローテからするとそろそろ一足補充しなければならないのも事実だったのでまぁ必要経費な訳ですが、やってしまいましたわ。

FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_002.jpg
↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)シューズ本体がお目見えします。
買ったのはここ最近、すっかり「Air」に頼らなくなってきた“NIKE”から出たばかりの【FREE HYPERFEEL RUN TRAIL】です。

FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_004.jpg
個装箱の上蓋で隠れる位置にはいつもの様に「JUST DO IT」が。
2020年の五輪自国開催が決まった我々には何ともいい言葉かもしれません。


FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_005.jpg
シューホールの脇にはシリーズ名がさりげなく入ってます。
あまりシリーズ名を刻まない“NIKE”にしては珍しいです。


FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_006.jpg
↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)踵側からのアングルになります。
このシューズは【FREE】の発展形な訳ですが、側面のスウッシュと踵に入った縦ラインが再帰反射素材なので私の様にナイトラン&ウォークをする者にとっては有難い仕様です。今年の【FREE】はこの再帰反射仕様を廃止してたので多少高くても買う価値はあります。

FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_008.jpg
この【FREE HYPERFEEL RUN TRAIL】には通常のランニングモデルが上位モデルとして存在し、舗装路だけを走るのであればそちらのソールの方がいい訳なのですが、この多少、ギザのあるトレイルラン仕様のソールでもそんなに問題ないですよと言うスタッフの方の後押しと自分自身、河川敷などの砂地や泥地も走るのでこのモデルを選択しました。
本当の理由は、ランモデルだと高いし、派手すぎてドレスコードに引っかかるからなんですけどね(爆)


FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_009.jpg
履き口が通常のシューズと違って靴下の様な伸縮素材で編み込まれていてきつめなので足首の内側に部分に履き口を広げる為のタブがあるのでここに指を掛けて口を広げて履く事になります。この辺りは往年の「ACG」にあったハラチシステムと似通っており、砂利などの侵入を防ぐ意味でも良いデザインです。
ただし、この履き口と自分の足首の形状があ合わないと靴擦れなどを起こしかねませんから諸刃の剣ではあるんですけどね。


FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_010.jpg
そんな訳でスニーカーを買うと必ず中に入ってるアンコも普通のラシャ紙を丸めたものとは別に足首部分がクタッってならない様に筒状の別パーツが入ってました。
これも往年の「ACG」では良くみられた光景です。


FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_011.jpg
先ほど、アウトソールを見た方で【FREE】を知ってる方だとおかしいなぁと思われてると思います。そう【FREE】と言えばアウトソールに切れ込みが入っていて『ぐにゃりと変える』のキャッチコピーの通り、もの凄く曲がる事を。実はこのモデルではその仕組みはインソールに収まってるのですよ。

FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_012.jpg
取り出したインソールはご覧の様に『ぐにゃりと変わる』べく切れ込みが多数入ってます。

FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_013.jpg
↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別アングルからの画像に切り替わります。
そしてこのインソール自体がなんと「Air」に代わってよく見かける様になったクッション材「LUNARLON」で出来てるのですよ。まさかインソール自体をクッション材にしてくるとは思いもしませんでした。
そのおかげでより素足に近い感覚で大地を踏みしめられる様になり、適度な衝撃吸収力もあるので夏の始まりに買った“new balance”【MR1】より現実的な利用に即した形になったとも言えます。
【MR1】は究極のストイックシューズですから、私もよほど体調が良くないとまだちゃんと使いこなせてないのでこの【FREE HYPERFEEL RUN TRAIL】がちょうど【FREE 3.0】からの橋渡しになってくれると考えています。


FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_015.jpg
通常のスニーカーと違ってシュータンすら一体型の編み込み素材なので“NIKE”ロゴは履き口のゴム部分にひっそりと編み込みで表現されてました。

FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_016.jpg
このシュータン部分にうっすらと見える黄色は先ほどのインソールな訳で透けてみえてるのです。網目が結構粗めに見えるかもしれませんが、インソール側が全く汗を吸収しませんからこの位で調度良いのかもしれません。
ちなみに先日の土曜日に履いてみましたが、後から脹脛にどっと疲れが来るのでこのシューズも【MR1】ほどではないにしろ結構、自分の足の鍛え具合で使用頻度を考える必要があるみたいです。


FREE_HYPERFEEL_RUN_TRAIL_017.jpg
最後になりますが、こういうスポーツシューズにはちゃんと説明書がついてるので出来ればザツと目を通す習慣は必要だと思います。
何かにつけ、説明書を読まない人が増えてますが、購入者にだって最低限使用する者として使用物に対する知識は必要だと思いますからね(^_^)b


※関連リンク

日本の梅雨の必須品!!【NIKE・TAKAO LOW GTX】

漸く2000エントリー到達、そして21年目の別れ【NIKE AIR MOC VENT】

ウォーキング一ヶ月皆勤のご褒美!!【NIKE FREE 4.0 V2】

雨がちな季節の相棒!! 【NIKE OZE(尾瀬) MID GTX】

雨天ウォーキングの要!!【NIKE マルチスポーツキャップ】

ナイトウォーキングに最強の友、現る!!【NIKE LUNARGLIDE+ 4 SHIELD】

来るべき冬のウォーク&ランのために・・【NIKE DRI-FIT ELEMENT SHIELD MAX JACKET】

秋冬ウォーク&ランのお供!!・その2【NIKE・LIGHTWEIGHT RUN GLOVE Ver.UP編】

通勤しながらウォーク&ランしてるって事は・・【NIKE・Cheyenne Vapor Backpack(シャイアン ベイパー バックパック)】

来るべる春に向けて・・【NIKE・Running Cap】

すっかりお気に入りになったので色違いを買ってみました♪【NIKE・Cheyenne Vapor Backpack(シャイアン ベイパー バックパック)】

ウォーキング一年皆勤のご褒美!!【NIKE FREE 3.0 V5】

来るべる夏に向けて・・【NIKE・Running Cap】

科学された足袋【new balance・MR1】

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0