So-net無料ブログ作成

純正の組み合わせに勝るものなし!!【SCEI・PSVITA PCH-1100 AA01用 torne(トルネ) PlayStation Vita】 [SCE]

今年も残すところ、後四日となりましたね。
私も今日、仕事納めをすれば暫しの間、四国人に戻ります。
 
そうです。
今の業務に変わってから年に一回となった帰省が今年はうまい具合に金曜日が仕事終わりになったので丸々9日間取れたのです。 こんなに長い休みが取れるのはそうあるもんじゃありませんので、ゆっくり実家で寛いで来ようと思います。


PCH_1100_AA01_088.jpg
ただねぇ、実家に戻るとテレビが割りとどこの部屋にもあるのにチャンネル権が私にはないんですよ。
なので昨年買った【PSVITA】のお世話にならざるを得ないのですがこれがまた厄介でして実家にはネットワークなんて洒落たモノが存在する由もない訳でして。つまり、東京で【nasne(ナスネ)】に貯めた未消化のコンテンツをコピーしてそれを見るしか出来ない訳です(笑)


なのでこの1週間前の【torne(トルネ) PlayStation Vita】のリリースを首を長くして待っていたのでした。

PCH_1100_AA01_089.jpg
来年の2月27日までは無料でダウンロード出来るアプリとなるらしいのですがそんな事は私にはどうでもよい事なのでリリース日の夜にはしかとダウンロード済みなのは言うまでもありません。 なので細かいダウンロードから設定手順までは割愛させて頂きます。

PCH_1100_AA01_090.jpg
以前、【uke-torne(ウケトルネ)】で【PSVITA】のメモリーカードに作成したビデオ領域はそのまま使える様ですし、何より【nasne(ナスネ)】上のコンテンツのコピーに要する時間も計9時間6分、9話分のコンテンツを2時間40分でWiFi経由でサクッと行えるんですから【uke-torne(ウケトルネ)】より断然便利です。

PCH_1100_AA01_091.jpg
【nasne(ナスネ)】の中のコンテンツと【PSVITA】にコピーしたビデオ領域のコンテンツがシームレスに一緒に見えるようになったのはまるで【レコ×トルネ】みたいで最初は戸惑いますけど良い見せ方ですよね。だから【uke-torne(ウケトルネ)】でコピーしたコンテンツが出てきた時にはちょっと驚いてしまいましたけど。

PCH_1100_AA01_092.jpg
ちなみに【torne(トルネ) PlayStation Vita】と言う名前ながらPS3にコバンザメの様に寄り添う元祖【torne(トルネ)】の制御は一切出来ません。いくらGUIが激似でも【torne(トルネ)】のコンテンツが詰まったHDDは左上に出てこないのが実に悲しい現実となります。こちらの制御は相変わらずリモートプレイに頼らざるを得ないですし、【torne(トルネ)】が起動してる時はPS3からリモートプレイが出来る様にするには一手間掛けないとならないのでじわじわと【torne(トルネ)】の肩身が狭くなるのは自明の理かもしれません。


実際、リモートプレイの操作が野暮ったく感じるほど、今回はタッチパネルからでも平行して操作出来る様になっているのでユーザーからすれば思うがまま【nasne(ナスネ)】と対話出来る環境を用意して貰えた事になります。
後、私が今までPS3の純正コントローラーでしか出来なくてもどかしく思っていた“L3”ボタンの押し込みによる番組表をどの日付からでも瞬時にリアルな時間の番組表に戻せる機能を【PSVITA】らしいアクションで戻せる様に実装された開発者の方を特に褒め称えたいと思います。BTリモコンでは“L3”ボタンの押し込みは物理的にアナログスティックではないので無理だったのでこの機能が出来ると知ったときは目から鱗でした。
 
さぁ、これで思い切り実家でコンテンツ消化に勤しみたいと思います。
では(^_^)/



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 13

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0