So-net無料ブログ作成
検索選択

シーズンオフになったSony Spiritが息づく座布団にはお洗濯を!!【空調服・エアクールクッション】 [購入日記]

ここ数日は実に過ごしやすい気温差が生まれてるのはいいのですが、ちょっとこの一転する秋模様には体がちょっと戸惑っているようです。
今年、年頭にインフルを喰らってしまってるのでかなり用心はしつつも、まだまだ電車内が蒸し返すので 10月いっぱいは半袖で通したいなぁとうっすら思っています(爆)
 
さて、そんな秋めいてきたこの間の週末、久しぶりに大失態をぶっこいてしまったんですね。
晩酌ついでのワインが入ったグラスをうっかり転がしてしまったんです(><)
不幸中の幸いでグラスに半分くらいのワインだったのですが、この夏お世話になった『エアクールクッション』にも少し被害が出てしまいました。


AirCoolCushion_013.jpg
という訳で翌日の日曜日には、カバーを洗濯するべく中に収まったウレタンマットやスペーサー、ファンを取り外す処から始めました。

まぁ、いくらファンが内蔵されていても座布団は座布団なので、徐に背面のファスナーを開けて引き摺り出していくだけなんですけどね(爆)
ただし、この黒い立体メッシュのようなスペーサーと呼ばれる向きだけは戻す時の為に憶えておきます。ちなみに上の写真だとスペーサーは裏返った状態になります。この四角い突起になってる側はウレタンクッションと接しないといけません(^_^)b
まぁ、当たり前です、こんなゴツゴツした面とお尻がランデブーはありえませんものね。


AirCoolCushion_014.jpg
取り出したスペーサーはところどころ、私の自重に負けて変形していました。
もう1シーズンしたら、スペーサーだけ購入出来るので交換した方がいいかもですね(^_^;;)
後は自重を少し削らなければ(`・ω・´)キリッ


AirCoolCushion_015.jpg
早々、買った時に付いてきた取説さえ保管していれば、簡単に各パーツをバラせるので、取説はちゃんと取っておきましょうね。

AirCoolCushion_016.jpg ↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)受け口の写真に切り替わります。
カバーから最後に外すのはファンなんです。
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、二箇所の爪を緩めれば簡単に一つ前の写真のようにファンガードとファン本体に分離できます。カバーを洗濯してる間に溜まった埃なんかをブロアーで掃除しておきましょう。
カバー自体は化繊なので乾きも速くその日の内に元通りに出来ました。
実はウレタンマットは戻す時にカバーの中にポケット状になった処があるのでそこに戻して上げると変形六角形の座布団ながらぴったり収まりますので無理矢理入れないで優しく戻しましょう。
 
そして、一応仕舞う前に動くか確認したんですがいやぁ、空気が流れるのが肝な商品は掃除しないと駄目ですね。もうね、ヒンヤリ感が戻ってましたよ(爆)
と言う訳でこの座布団に限らず、この夏お世話になった空調関係の機器は必ずお掃除してシーズンオフを過ごさせてあげましょう。来年の為にも、ね(^_^)b


※関連リンク

Sony Spiritが息づく座布団?! 【空調服・エアクールクッション】

黒いeneloop!! それはMKIIなのか?!【SANYO・eneloop pro まずは最初の一歩編】

続・Sony Spiritが息づく座布団?! 【空調服・エアクールクッション ミニ】


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 11

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。