So-net無料ブログ作成
検索選択

Sony Spiritが息づく座布団?! 【空調服・エアクールクッション】 [購入日記]

いやぁ、蒸しますねぇ。
この季節、雨が降っても気温が下がるでもなく却って湿度に跳ね返って過ごし辛いです。
そして、これからの季節、あの一律15%節電により冷房があまり使えない訳ですからそろそろ本腰を入れて身の回りの空気循環を良くしないといけませんよね。
 
という訳で遙か前から気になっていた(株)空調服から出ているコチラを買い求めてみました。
AirCoolCushion_001.jpg
この会社、元SONYの市ヶ谷さんと言う方が代表取締役を務められていて、会社名にもなっている、製品一号『空調服』が取り上げられた時に知った会社さんなんです。

知った頃は、まだこんなにバリエーションもなくひたすら、腰の辺りにファンがついた服が何種類かあっただけなのに、気付いた時には今回買い求めたエアクールクッションなるものや、果ては寝具系まで揃えられててその進歩にSony Spiritってやはり凄いんだなぁと感心したんですよね。
ちなみにこれらの製品群は『生理クーラー理論』というものに基づいて設計されてるようです。

さて、背景はこのぐらいにして早速開梱しましょう(^_^)/


AirCoolCushion_002.jpg
箱から取り出すと、こんな黒い40cm四方の座布団状態で出てくるので、一体、これで何が出来るのってお思いの方が後を絶たない感じ全開だと思います。でもね、暑い季節にこの座布団を敷くか敷かないかは、汗掻きさんには大きな違いがあるんですよ、これが( ̄ー ̄)
 
AirCoolCushion_003.jpg
ちなみにこのエアクールクッションには今も併売しているその名も『空調ざぶとん』の利用者からの不満点を解消するべく震災後に投入された新製品なんですよ。
だから、このクッションの裏には軍手なんかでお馴染みの滑り止め加工が裏面をこうやって覆い尽くしてる訳です。『空調ざぶとん』の時は椅子の背に巻き付けるベルトで座面からずり落ちないようにされていたそうですけど、こっちの方が具合は良さそうです。
早々、いくら判りやすく軍手を例に出したとはいえ滑り止めの質は全然、こちらの方が上ですから、悪しからず。


AirCoolCushion_004.jpg ↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)メッシュの中の構造が見られますよ(^_^)b
そして、この座布団の特徴と言えば、お尻が触れる面の後方にこんなメッシュ状になったスリットがあります。ここから座布団の中を流れてきた空気が排出されるわけですが、強制的な流れで排出されるので暖かい訳ではありませんよ。

AirCoolCushion_006.jpg
そして、いよいよ座布団の中に強制的な空気の流れを生み出す装置を紹介しましょう。ブランドロゴも眩しい直径7cmのファンです。このファンが座布団の中に空気を吸って送り込んでるのですが、強さを最大にすると静かな家庭ではちょっと気になる程度の風切り音になりますが職場などではきっと生活ノイズが他にもあるので気にならないと思います。

AirCoolCushion_007.jpg
で、このファンを動かす動力は電池かACになるのですが、購入時に選ぶ事になるため、注意しましょう。
今回は自宅用と決めていたのでAC式の【ACC110A】にしました。恐らくこの座布団部分は、ミニ以外共通なんでしょうね。だって、このファンの部分の裏側に電池ボックスを収納する袋、私のにもありますから(爆)


AirCoolCushion_008.jpg
梱包の中には製品本体の他にはこの両面印刷の説明書は1枚入ってるだけなんですが、これには汚れた時に座布団のカバー部分を外して洗濯出来るように分解手順が載ってますので大事に保管しておきましょう(^_^)b

AirCoolCushion_009.jpg
では、いよいよ組み立てて、お尻を冷やしましょうかね(笑)
座布団が入っていたビニール袋には実はACアダプターと風潮調節を行うコントローラーが入ってます。きっと電池式だとACアダプターの代わりに電池ボックスが附属してるはずです。


AirCoolCushion_010.jpg ↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)逆側のアングルに切り替わります。
この小さなコントローラーを本体とACアダプターの間に挟む形になります。但し、この二箇所の電源ジャックにはそれぞれ何を繋ぐか決まっています。説明書では写真だけで説明しているのでここで解説しておきます。
写真の一番には本体から出ているプラグを二番にはACアダプターのプラグを繋ぎます。これを反対にするとファンは回りませんので気を付けましょう(^_^)V


AirCoolCushion_012.jpg
で、これが配線を終えた処です。
ACアダプターから伸びる電力線は充分な長さが確保されてるのでまず、不用意に足を引っかけるような事はないでしょう。我が家では座椅子と化したソファの上にこの座布団を置いて使ってみたのですが、いやぁ、いいですね。全くお尻周りに汗を掻かないので快適です。しかもこのモデルからクッション性が改善されてるらしく、普通にクッションとしてもなかなかのものです。
 
もう、一発で虜になりましたので、このエントリーを仕上げながらもう一台、職場用にポチッってしまいました。(爆)
お尻に汗を掻きすぎてお困りの方、これはねぇ、凄くいいですよ。
今年に限らず、夏のお供に最適な涼感グッズだと思いますから、是非(^_^)/



nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 11

コメント 1

Virgo

>蔵三(ぞうさん)、nice!ありがとうございます。

>ピカテントロプスさん、nice!ありがとうございます。

>くまにぃさん、nice!ありがとうございます。

>ガッツさん、nice!ありがとうございます。

>Kさん、nice!ありがとうございます。

>チャーリーさん、nice!ありがとうございます。

>bitさん、nice!ありがとうございます。

>店員佐藤さん、nice!ありがとうございます。

>telさん、nice!ありがとうございます。

>たぁさん、nice!ありがとうございます。

>Succhiさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2011-06-20 20:33) 

トラックバック 0