So-net無料ブログ作成
検索選択

妥協なきDelay!!【Logitec・LIC-iREC03PとiPod nano 3rd編】  [Mono Fellows レビュー]

やはり、連夜の奇跡は起きませんでした。
『女子バレーボールワールドグランプリ2009』、第四日め。
 
しかし、なんだろう、このもやもや、欧州勢に負けた時とは違うまた嫌〜な負け方でした。
やはり、三年後を見据えた時に、かみ合わせのいい欧州勢に負けない戦い方を身に付けるのか、それとも最も困難な総てのかみ合わせに応じて変化する戦術で頂点を目指すのか、どちらにしてもいい成長を見せて欲しいですね。
少なくとも、泣きべそも下を向く事はなくなったんです。
次は、前を向いて笑顔の精密サーブ&完璧サーブ集団を目指して欲しいものです。
かなり消極かつ希望的意見ですが、明日は必ず2セットを取って少しでも順位をあげてね。
 
 
さて、折角の夏休み、あまり外で録音出来なかったのだけが心残りですが、この“Logitec”製iPod/iPhone用マイクアダプタ【LIC-iREC03P】のレビューもいよいよ大詰めです。
 
こういう大歓声を録音しに行くと、きっと性能が如実に判っていいレビューになるんでしょうけど、残念ながらテレビ観戦でしたのでご勘弁を(^_^;;
 
そんな本日は、いつもと違い【iPhone】ではなく【iPod nano 3rd】を相棒に置き換えてお送りします。
【iPod】シリーズでは、ほとんどのモデルがDOCKコネクタの脇にヘッドホン端子を装備してる関係上、【iPhone】と違い音のモニタができないのが難点ですが、気軽に録音を楽しむにはコンパクトでいいでしょ。(^_^)b

 
LIC_iREC03P_078.jpg
では、始める前にいつもの念仏をご唱和くださいませ、では。
 
__________________________________________________________________________________________
みんぽす
このレビューは「みんぽす」の無償商品貸出しを利用して書かれています。
このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」が無償で提供しています。本レビュー掲載は無報酬です。
また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
なお、関連するレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
__________________________________________________________________________________________
 
念仏も終わった事ですし、さっさと本題炸裂と参りますね。
 
LIC_iREC03P_079.jpgLIC_iREC03P_080.jpg
セミナーの時もそうでしたが、【iPod】の場合、元々マイクを内蔵してませんし、現行の【iPod】ファミリーではボイスメモという項目は、対応機器をDOCKコネクタに装着して初めて出てくる機能であるため、ほとんどの方は驚かれるようです。
ちょっと前のiPodでもエクストラメニュから一段潜らないと表示されなかったので、気付かない確率は高いでしょう。

 
LIC_iREC03P_081.jpgLIC_iREC03P_082.jpg
ボイスメモメニューが出現すれば正しくマイクアダプタが認識してる証拠ですから、メニューを一階層潜って、録音品質を設定しましょう。
だって、デフォルトで〈低〉になってますから。
 
ちなみにステレオ録音するには、〈高音質〉にしないとなりませんので、必ず初めて使う時は、〈高〉にしましょう。
一回、設定すると《Rectools02》とは違い、ずっと〈高〉を維持する筈ですので。
まぁ、録音する際には設定を確認するという癖づけをした方がいいのは確かですけどね。(^_^)b
 
では、録音しましょう。

 
LIC_iREC03P_083.jpg
録音を一旦、停止するには、【iPod】の再生・一時停止ボタンを押すだけです。
ですので、録音をやめる為には、メニューから「停止して保存」を選ばなければなりません。

 
LIC_iREC03P_084.jpg
そうすると、ボイスメモメニューの最下段に、録音した日付と時間でファイルが出現します。
 
ちなみに日付が変なのは、【iPod】の電池が切れて放って置いたために狂いが生じてるだけです。
すぐ、直しますからちょっと待ってて下さいね、ガサゴソ。

 
LIC_iREC03P_085.jpg
はい、直りました。
では、これからちょっと実験を。
ピンクの枠の録音は内蔵の高性能マイクを使った録音で、緑の枠の録音は、例のバイノーラルマイク【HM-250】を使った外部入力モードでの録音です。
この入力源の違いで《iTunes》での録音データの扱いが微妙に食い違って説明書に記載されてるようなので、実際はどうなのか確認しておこうと思ってこういうデータを作成してみました。

 
LIC_iREC03P_087.jpg
まずは、その食い違いを認識して頂くために説明書から抜粋しましょう。
この説明は、あくまで内蔵マイクを使った録音データがどう《iTunes》に扱われるか書かれたものです。
同期がうまく行われれば、「ボイスメモ」と「ミュージック」フォルダ、双方に登録される旨の事が書かれてます。

 
LIC_iREC03P_086.jpg
一方、外部入力モードでの録音したデータだと緑枠の中のような動作になると記載があるのですが、ちょっと妙ですよね。
だって内蔵マイクのデータだって「ボイスメモ」扱いになってるけど、ちゃんと「ミュージック」にも反映されるんだったら、同じなのになんでこうニュアンスが違う書き方なんでしょう。(笑)
 
まぁ、ピンク枠の記載も外部入力モードでの録音ではアッテネータが無効になるはずなのに、その後、音割れするならアッテネータ・オンって、ちょっと理解不能です。(^_^;;

 
ごちゃごちゃ考えても仕方がありません。
さっきのデータを使って《iTunes》と同期しましょう。

 
LIC_iREC03P_088.jpg
LIC_iREC03P_089.jpg
結果は、どちらのデータも「ミュージック」に登録されましたね。
そのまま、しっかりと【iPod】にも転送されました。
 
もしかしたら、Win版だとこの説明書通りの記述になるのかなぁ。
どこにもOSの区別記載がないので、定かではありませんが少なくともMacでは、このマイクアダプタを介したデータは、ソースに関わらず《iTunes》に取り込まれれば問題なくそのまま、楽曲としてもシームレスで扱われますね。
HDDにおけるデータの保存場所こそ「Voice Memos」フォルダというものが生成されそこに格納されてましたけどね。

 
まぁ、とにかくiPodファミリーにとっても、心強い録音アイテムに違いなく、《iTunes》との連携がより簡便化かちょっとめんどうかの差などは些末な事でしょう。
でも、出来れば意思統一のはっきりした説明書である方がいいに超した事はありません。
いざという時に響く説明書じゃないから、読まないヒトが増えてるんでしょうし、ね。
やっぱ、説明書って年々、表現が難しくなってるんでしょうが、これも商品の内なので拘って製作頂きたいものです。(^_^)b
 
さて、後一回、録音に出掛ける事が出来るようでしたら、その音源紹介をしてお終いになると思います。
うまく、音源が集まらなければ、これが最終回となります。
それでは、もう一回、出来る事を祈って、まずはこれにて。(^_^)/

nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 5

K

おじゃまします
 このマイク、classicでも使えるようなので買おうかどうか迷っているんですが、ケースに三脚ネジ付きのモノが出ないか、待っているんですが^^。
by K (2009-08-23 10:17) 

Virgo

>蔵三(ぞうさん)、nice!ありがとうございます。

>くまにぃ、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2009-08-24 12:21) 

Virgo

>Kさん、どうもです。

>このマイク、classicでも使えるようなので買おうかどうか迷っているんですが、ケースに三脚ネジ付きのモノが出ないか、待っているんですが^^。

はい、いいアダプタが出てたのですが、今、完売中なんですよね。
そうですよね、必要ですよね。三脚アダプタ。
by Virgo (2009-08-24 12:54) 

Virgo

>Succhiさん、nice!ありがとうございます。

>響希さん、nice!ありがとうございます。

>ガッツさん、nice!ありがとうございます。

>oyazzyさん、nice!ありがとうございます。

>つなみさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2009-08-24 12:56) 

Virgo

>かつぽんさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2009-08-27 03:49) 

トラックバック 0