So-net無料ブログ作成
検索選択

妥協なきDelay!!【Logitec・LIC-iREC03P/開梱編】 [Mono Fellows レビュー]

折角の夏休み、出掛けようにも、やれ台風だ、地震だとおっかない今日この頃ですよね。
静岡地震があった日の夜は、丑三つ時なのに、蝉が啼きやまず、おかしいなと思った数時間後にあの揺れですからね。
やっぱ、言霊にすると実現しちゃうかもですから、マスコミの方、予測地震話はほどほどにね(^_^;;
それにフジテレビのあのシミュレーションアニメ、『東京マグニチュード8.0』のリアルさがより際立ってしまって、あれはもう見ないかもなぁ。
 
あっ、すっかり暗めの話をしちゃいましたね。
気を取り直して、本日のお題は、こちら。
先日の“Logitec”セミナーレポートで我が家に転がり込んできたiPod/iPhone用マイクアダプタ・【LIC-iREC03P】の開梱編でございます。

LIC_iREC03P_041.jpg
では、本編に入る前に、いつもの決め台詞をば。
__________________________________________________________________________________________
みんぽす
このレビューは「みんぽす」の無償商品貸出しを利用して書かれています。
このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」が無償で提供しています。本レビュー掲載は無報酬です。
また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
なお、関連するレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
__________________________________________________________________________________________
禊ぎ済みましたよね?
では、参りましょう。

 
LIC_iREC03P_042.jpg
パッケージ正面には、セミナーでも強調された“Made for iPod”と“Works with iPhone”の二大認定証が燦然と。
これがあるのとないのでは、ユーザも選ぶ時に安心が違いますからねぇ。
認定取得を辛抱強く待ち続けた方々には頭が下がる思いです。

 
LIC_iREC03P_043.jpgLIC_iREC03P_044.jpg
パッケージ側面には、使えるiPod/iPhoneのアイコが勢揃い。
このアイコンも確か規定があったから、ユーザは迷う事なく適合機を持っているかどうか確認できますね。(^_^)b

 
LIC_iREC03P_045.jpg
実際は裏面に改めて適合機の記載があるのでこちらで確認されるのがほとんどでしょうが、まぁ、側面のアイコンはあったほうがかっこいいですものね、気分♪気分♪
 
さて、セミナーで開梱した事などなかった事にして開梱しますよ〜〜。

 
LIC_iREC03P_046.jpg
はりゃ、開け口にしっかりと封緘シールが。
お借りしてるパッケージと言う事もあるので、ここは、一つ(☆。☆)

 
LIC_iREC03P_047.jpgLIC_iREC03P_048.jpg
底からアクセスしちゃいました。
実際、この方が手も汚さず楽です。(^_^;;
ただ、あくまで正規の開け方じゃないので真似しないで下さいね。

 
LIC_iREC03P_049.jpg
中身は至って、シンプル。
本体とウィンドスクリーンが載ったP.P製のトレーに、その裏には折り畳まれた説明書兼保証書。

 
LIC_iREC03P_050.jpg
説明書の中に面白い記載がありますので、セミナーの裏話と合わせてご紹介しましょう。
 
まずは、緑枠の記載を御覧あれ。
面白いでしょ、他のシチュエーションでの推奨設定ではマイクオンが普通なのに、ロックだけがマイクオフのLINEにするよう書かれてますね。

 
実は、これがどうしても大音響化で録音したい場合の必殺ワザだそうです。
 
何の事か???になってる方々のためにご説明をば。
このマイクアダプタ、LINEにしただけでは、内蔵マイクは活きたままで、繋がってるんですよ。
なので、この状態ではマイクアンプのゲインがほとんどない状態になっていて、かすかに活きてるという事になります。
なので、大音響を録音しても音割れせず録れてしまうんだそうです。
これも、【Rectools02】の開発メーカー・株式会社ユードーさん主催のバンド演奏でテストしてる時に見つかったんだそうです。
 
やはり、地道なテストを繰り返してるからこそのご褒美ですよね、こういう裏技も。(^_^)b
 
では、ここからは本体を眺めていきましょう。

 
LIC_iREC03P_051.jpg
クワガタムシと揶揄されたフォルム。
確かに、マイク基部以外が黒のつや消しですから、そう思われても仕方ないかもですね。(^_^;;;
Apple印用だからって、白とグレーのツートンにしてしまうと軽い感じのモノに受け取られないとも限らないので、こうせざるを得ないのに、ネーミングしたヒトは残酷だなぁ(爆)

 
LIC_iREC03P_052.jpgLIC_iREC03P_053.jpg
随所に銀メッキや金属部剥き出しの端子があるので、ほどよくメカメカしてていいですねぇ。
 
LIC_iREC03P_054.jpgLIC_iREC03P_055.jpg
LIC_iREC03P_056.jpg
ただ唯一、気になったのはこの前面のアッテネータ、AGC(オートゲインコントロール)の表示がねぇ。
思いの外、見づらいんです。
この写真ではリングライトを使って撮影してますから、問題ないのですが、暗がりだとはっきり言って見えません。(^_^;;
しかも、表示部が凸部になってるので、この上から白で塗装することも出来ずこういう仕上がりになってしまったのでしょう。
 
まぁ、プラモデルに詳しい方なら、凹より凸の方が金型製作が楽=コストが安いって事で致し方ないと思って下さるでしょうが普通はねぇ、文句出るかもですね。
惜しいです、実に。

 
LIC_iREC03P_057.jpgLIC_iREC03P_058.jpg
なぜか、LINE/MIC切り換えはタンポ印刷なんですね。 確かに、擦れてなくなる可能性があるとは言え、前面もこのタンポ印刷の強化ヴァージョンでもあれば、そちらの方が見やすいでしょう。
で、驚くと言えば、iPod固有の端子の上ですか、シリアル番号。
毎度思うのですが、シリアル番号の入れ方、丁寧ですよね、“Logitec”さんって。


 
LIC_iREC03P_059.jpg
本体の裏には、万が一を考えてゴム素材が貼られてますね。
iPhoneや、iPodtouchなら、マイクアダプタが置いた場所から浮いた状態になりますけど、nanoだと、置いた場所のノイズ、モロに受けますから正しい処理ですよね。
徹頭徹尾、抜かりなしの機体。
唯一、一部の操作スイッチの位置がどこか見づらい事ぐらいですが、これは慣れる事で解消されるかもしれませんので、あくまで初見の苦言と思って下さいまし。
 
では、次回はセミナーでちょっと聞いてしまったがためにドツボに嵌ったお話しをしようと思います。
生音をお待ちの方は、今暫くお待ち下さいませ。
 
では〜(^_^)/~~

 

nice!(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

コメント 7

Akihito(・。・)

最近、XYマイクを多くのICレコーダーで見かけるようになりましたねぇ。
やっぱりPCM-D1が採用してから他社が追随したんでしょうか。

う~ん、やっぱりクワガタに見える………

by Akihito(・。・) (2009-08-13 00:30) 

Virgo

>Akihito(・。・) さん、どうもです。

>最近、XYマイクを多くのICレコーダーで見かけるようになりましたねぇ。
やっぱりPCM-D1が採用してから他社が追随したんでしょうか。

間違いなく、あのインパクトが、そうさせたのでしょう。

>う~ん、やっぱりクワガタに見える………

そうそう、根元からちょっとぷっくらして、マイク先端でまた少しほっそりするところなんか、正に、オオクワガタ(^_^;;
by Virgo (2009-08-13 14:30) 

Virgo

>Succhiさん、nice!ありがとうございます。

>しーさん、nice!ありがとうございます。

>くまにぃさん、nice!ありがとうございます。

>Kさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2009-08-13 14:31) 

Virgo

>sakusanさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2009-08-13 16:37) 

Virgo

>ガッツさん、nice!ありがとうございます。

>oyazzyさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2009-08-15 13:58) 

Virgo

>かつぽんさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2009-08-18 13:41) 

Virgo

>つなみさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2009-08-19 13:01) 

トラックバック 0